記事一覧

耐震改修

2014.07.07

 6月10日から、花の家は耐震改修を行っています。高知県は巨大地震で大きな被害が想定され、町も「住宅耐震改修」に力を入れています。

 我が家もそれにこたえて、丈夫な建物に改修し「安心して宿泊」していただこうと、工事を開始して約3週間になります。
経験豊富な技術者によって、ナマズが暴れても倒壊しない「宿」を目指しています。

 工事は7月末までかかりますが、13日からは改修が終了した部屋が使えるようになりますので、岡山からのお客様をお迎えできるようになります。
 一部お部屋が使えると言っても、食堂の改修が終了しませんので、お客様にはご迷惑をかける事になりますが、どうかご理解ください。

 原発に頼らない生活にしたいと、照明はLEDに取り替えます。

山アジサイ

2014.06.05

ファイル 61-1.jpgファイル 61-2.jpg

 入梅の宣言があり、あー又うっとおしい季節になったと憂鬱です。
しかし庭には山アジサイが咲き始めました。やはりアジサイには雨が似合います。
ベランダで鉢植えにしている山アジサイ。花を咲かすまでは「水」の管理が大変でした。大変な思いをした後の開花です。花に向かって「よく咲いたねー」と声をかけてやりました。
 昨年の猛暑が影響したのか、花の数は幾分少ないような気がしますが、今年は挿し木をしてコケダマ用のアジサイを増やすつもりです。

ツバメ

2014.05.08

 昨年も来てくれた「つばめ」
まだかまだかと待っていたら、今年も訪問してくれました。昨年と同じところで巣作りを始めています。田圃の土を集めてきて巣を作っています。

 もうすぐ完成という日、巣が落ちてしまいました。
朝、弟がそれを見つけて「大変だ!」
 人間が落ちた巣を修復できようもなく、せめてもの応援にと簡単な棚を作ってやりました。巣作りに再度挑戦した時のために。

ツバメ夫婦は、2-3日姿を見せませんでしたが、棚付きになった元の「巣」に又セッセ・セッセと泥を運び始めたのです。
小さい身体で、一日何十回も「新居」作りに励んでいます。

 でも、また、・・・・・・壊れてしまったのです。

完全に壊れてない「巣」をもとに戻し、二度と落ちないよう段ボールで2㎝ほどの囲いを作ってやりました。
 人間の手が加わった「巣」は厭なのか、ここ2日ほど若夫婦は姿を見せてくれませんが、夕方近く「チッチ」とツバメの声がしたような気がしました。

 待ってるから~~~~~~~~~~安心して帰っておいで。

ヒヨドリ

2014.03.24

ミカンを藤の枝に突き刺していたら、ヒヨドリが来てついばんでいました。
メジロは姿を見せませんでしたので、たぶんヒヨには会えるだろうと思って。

 案の定人影を気にしながら、ミカンをつついています。カーテン越しにその様子を見ていると、落ち着きがなくキョロキョロしながら周囲を気にしています。
「大丈夫写真を写すだけだから・・・・」と窓越しにレンズを向けたのですが、立木が邪魔してうまく写せませんでした。

 レンズ越しにヒヨを見たものの、やはりメジロの方が可愛い!
来年は来てね。

忘れてた!

2014.03.12

ファイル 58-1.jpg

 ネットをみて予約を頂いたお客さんと、ブログの更新について少しを話した。
言われてみたら、相当長い期間更新していない。
おっと、これはいけない「すみません、今から更新します」といったので、良い機会だから最新の檮原のお天気について少し書きたいと思う。

 三寒四温というとおり、ポカポカの天気が続いたかと思えば、雪が舞う日もあり、油断が出来ない弥生三月の檮原だが、今朝洗濯物を干していると、遠くからウグイスの鳴き声を聞く事が出来た。
 
 チンチョウゲは咲き始めたし、バイカオウレンもヒッソリ花を終えた。
山アジサイの芽は心なしか色を変え、手を伸ばすと春をゲット出来そうに思う。
 
でも、油断ができません。温かくしてお越しください。

新春

2014.01.05

 年末に大雪が降って、これは寝正月と期待していたのですが、二日ほど晴れたことで、雪は融けてしまいました。
元旦も温かい一日でした。

 花の家は例年娘たち家族が帰郷するため、お店は開店休業。
孫たちの笑い声が広がり、賑やかなお正月をむかえる事が出来ました。
 今年はどんな年になるか・・・・・大変不安ですが、原発に頼らない生活に近づけるためには、エネルギーの節約の努力をしながら、エネルギーの自給率30%の町にふさわしい町の一員として、頑張ろうと思います。

 4月からの消費税8%、イヤダイヤダ!

ことしもよろしくお願いします。

秋本番

2013.09.30

ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.jpg

 日の出が遅く、日の入れが早くなり、ボヤボヤしていたらすぐに暗くなります。
これから先は益々日の入りが早くなり、それと同時に寒さも増すでしょうね。

 先日、愛媛県から素敵なシニアの女性がお二人、花の家に宿泊していただきました。
以前当地に住んでおられた方と、初めて梼原にお越しになったペア?
母とすっかり話が合い、夜遅くまで三人でおしゃべりをしていたとか。

 私は9時前には床に着きますので、かしまし娘さんたちが大笑いしていた時は夢の中。
翌日はお昼頃まで町内を散策し、帰って行かれました。

お野菜が多い食事でしたが、田舎風で懐かしかったと喜んでもらえて、飯炊き女の私は「ホッ」としています。
 3日に有機野菜が届きます。(もちろん、JAS認定を受けた野菜です)

これからこの野菜を使って、素材の味を残した「おかず」の工夫をしたいと思っています。

秋が来た。

2013.09.16

 母が育てている花が、花の家の玄関の周囲を飾っています。
散歩で通りかかった方が、「まー良く世話ができてるねー」と花に声をかけながら歩いています。

 母が言うには、きれいな花を咲かせようと思ったら、花に話しかけないと思ったような花は咲かない。暑い時には「水をかけながら、寒い日には風避けを準備しながら、子どものように話しかける」って。

 母は前日、88才のお祝いを町長からいただき、町長と記念写真を撮りました。
2人の横には、母が自慢しているサンパチェンスが写っています。

まだまだ見事な花が咲いていますので、お近くへ来られたたらちょっと見てください。

汗ダクダク

2013.08.23

  今年の夏の暑さは、いったいどうしたことでしょう!
いつもなら梼原へ来られた方は「涼しくていいですね」って言ってくれますが、今年は「梼原がこんなに暑いって知らなかった」って言われます。
 ホントなんですから~~~~
朝からグングン気温が上がり、38度を超す日もあって私は食事作りのために背中に「汗疹」が出来ました。

 背中に汗が流れるのに、手が汚れるのでそのまま我慢していたら、二日目にはブツブツがでて、お医者さんに行ったら「汗疹ですね」。
 そうです、私の背中は赤ちゃんのように敏感なんです。
お彼岸まではこんな調子かなー


 

視察ガイド

2013.05.28

神戸から医療生協のお客さんが40人近く檮原を訪問されました。
 当宿にも5人の組合員さんの宿泊があり、「女将もどき」のわたしは、医療生協大好き人間ですので、皆さんのお越しを首をながーーーーーくしてお待ちしていました。

 みなさんは檮原の自然エネルギーの視察が目的です。各施設の案内をボランチガイドさんにお願いしていたのですが、ガイドさんが急病に為、ピンチヒッターに何と私が案内人に。
 
 三人以上の人前でしゃべるのは厭だなーと思っていたのですが、医療生協の皆さんが相手ですから、きっと少々のつまずきは許していただけるだろうと、道案内と各施設の説明をさせてもらいました。
 数字の間違いがないように、いささか緊張もしましたがなんとかズッコケることもなく3時間の「お勉強」を済ませました。

 神戸医療生協のみなさん、
今度はもっと上手になっていますから、是非またお越しください。

ページ移動