記事一覧

ふじ

2018.06.29

 庭に樹齢40年になったと思われる「白藤」がありました。
毎年花を咲かせてくれますが、花が咲いた後と晩秋には赤線を散らかします。赤線は公道ですから、近所に迷惑をかけないように気を付けて掃除をしますが、最近はその事がストレスになっています。

 あと10年も過ぎれば、大木の管理は高齢者には無理ですし、体や精神にかかるストレスは早く取り払いたいと思い、今日は藤を切ってもらいました。
 藤に罪はありません。人間の身勝手な判断です。

チェーンソーが「うなり声」をたて、あっという間に藤が切断されました。切られる音を聞きながら、ごめんねと手を合わせました. 年を重ね思うように体が動かなくなることを想定しての「老い支度」ですが、一抹の寂しさを感じます。

 そんな中でも、二人の孫たちは頼もしく成長しています。孫の一人が今日は14歳の誕生日を迎えました。
おめでとうのファクスを入れたら、孫からメールで返信が来ました。
「14歳だよー」って・・・・・・・
送信ファックスを見直したら「12歳おめでとう」になっていました。
ん? これは単なる物忘れです。認知症の初期症状では有りませんので、どうぞ安心して花の家にお泊り下さい。