記事一覧

招かざる客

2011.06.16

 街路樹のヤマボウシも、満開の季節を迎えました。
白い花をひらひらさせ、やっと来た初夏を楽しんでいるようです。
道路の両側に並んでいる木々を見ると、葉っぱが繁茂している木や、なんとなく葉の色が薄いものなどいろいろです。

 木にも個性があるし、せーのーっと花を咲かすものではないので、気長にすれば花は咲くとその時を待っていましたが、花の家の向かい側の一本が、一向に葉を茂らすこともなく、日に日に「はげ」状態になりました。

 なんだか気になって、木立を観察すてみると「発見!」
そこには無数のミノムシが揺れているではありかせんか。
これはいかんとミノムシ退治作戦を開始し、10分ほどに間に4-50匹をちぎり?ました。

 ミノムシは小枝のような保護色のマイホーム・・・・・
近所の人は誰も気づかず、遅い春を待っていたようです。
 ミノムシ大発生事件を母に話すと、母は井戸端会議で「作戦」を提案したらしく、あっという間に向こう三軒両隣の戦士が終結し、総計500匹を超すミノムシ隊を捕獲しました。

 勢いをなくしていたヤマボウシは、これで安心して新芽を出すと思いますが、花を咲かせるかどうかはヤマボウシの生命力を信じるとしましょう~~~~~~~