記事一覧

紅葉

2018.11.09

 短い秋が終わり、昨日は立冬でした。
一週間ばかり晴天が続いたので、お布団のシーツの糊付けを終えました。パリパリとしたシーツはとても気持ちがいいものです。
シーツのアイロンはクリーニングに出します。
 檮原の周囲の山は人口林が多いため、季節の変化の楽しみが少ないのですが、少し車を走らせると川沿いに紅葉した木々が沢山見られます。
この葉っぱが落ちたら~~~~~~~檮原は厳しい冬に入ります。

 冬支度も半分終わり、後は体に脂肪を貯めるだけになりました。十分補給したら「冬眠」体制に入ります。

                     なんちゃんて!

やっと来た!

2018.10.02

 猛暑の次は台風襲来と、今年の夏は散々な目に遭いましたが、t直接被害に遭わなかったのでありがたいことです。
お彼岸過ぎると朝晩の気温が急に下がり、周囲の木々が少しだけ黄色に変わり始めたようです。

 7日は脱藩マラソンがあり、800人近いランナーが険しいコースを走ります。
毎年宿泊していただく方と一年ぶりの再開を楽しみのしています。

どうか。お天気が続きますように~~~~~

猛暑

2018.08.06

 海抜415メートルの檮原は下界と比べれば気温は4-5度の差はあります。
いつもの夏は友人に「涼しい梼原へ遊びに来いや」と誘いをかけるのですが、今年は異常な暑さで昼間のエアコンは必須アイテムです。

 マスコミは「命に関わる暑さです。エアコンを使用し水分を補給しましょう」と注意を促してくれていますが、今年は素直に従っている私です。

表の花はいつもより花の数が少なく、茎が暑さのために腐る物も出始めています。朝夕の散水は欠かせませんので。当面留守はできません。

遠くで台風13号が日本を睨んでいます。「来るな」! です。

台風が近い

2018.07.03

  7号台風が速度25Kmのゆっくりしたスピードで九州の南を通過しています。
天気予報では、今日あたりが一番高知県に影響を与えると注意を促しています。
台風の風が強いと、4月末に植えたサンパチエンスが心配ですが、昨年咲かせた花とは違い、背丈が短い花なので、少しの風では倒れないと思います。

 この雨ですが、今日は愛媛県大洲市まで買い物に行く予定です。
走っている途中で「危ない」と感じたら引き返すつもりですが、70近い婆ちゃんが台風の時にウロウロしていたら笑われるかもしれないですね。

 

ふじ

2018.06.29

 庭に樹齢40年になったと思われる「白藤」がありました。
毎年花を咲かせてくれますが、花が咲いた後と晩秋には赤線を散らかします。赤線は公道ですから、近所に迷惑をかけないように気を付けて掃除をしますが、最近はその事がストレスになっています。

 あと10年も過ぎれば、大木の管理は高齢者には無理ですし、体や精神にかかるストレスは早く取り払いたいと思い、今日は藤を切ってもらいました。
 藤に罪はありません。人間の身勝手な判断です。

チェーンソーが「うなり声」をたて、あっという間に藤が切断されました。切られる音を聞きながら、ごめんねと手を合わせました. 年を重ね思うように体が動かなくなることを想定しての「老い支度」ですが、一抹の寂しさを感じます。

 そんな中でも、二人の孫たちは頼もしく成長しています。孫の一人が今日は14歳の誕生日を迎えました。
おめでとうのファクスを入れたら、孫からメールで返信が来ました。
「14歳だよー」って・・・・・・・
送信ファックスを見直したら「12歳おめでとう」になっていました。
ん? これは単なる物忘れです。認知症の初期症状では有りませんので、どうぞ安心して花の家にお泊り下さい。

早い!

2018.06.12

 な・な・なんと!
暫くブログの更新をしていなかった事に気づいてホームページを開いてみると最後の更新が昨年末。
これはイカンと慌てて書き込みをしています。

 女将「もどき」の私は元気です。
ただ本物の「女将さん」が認知症になり、私はその介護とお店のきりもりの二刀流に?かなりあたふた状態です。
 
 今年の冬は異常な寒さのために、私は半分冬眠状態でした。穴から這い出したのは4月末。穴にこもっていた割には痩せもせず、少し遅めに咲いた山野草にいつもより元気をもらっています。

 時々遠くのお客様から、花の家の料金は?と問い合わせがありますが、詳しいことはホームページをご覧くださいとお返事をしています。
そのホームページが半年前のものではいきませんね。
反省しながら今年の後半も頑張ります。

ありがとう!

2017.12.28

  いよいよ今年も残すところあと3日になりました。
花の家は今日で今年の店じまいです。
今年は母の介護があり、お客さんに十分な御世話ができませんでしたが「それでも構わんよ」と言って下さるお客さんに支えられて、なんとか介護と店を続ける事が出来ました。

 来年も母の介護度が今のままであれば、ボツボツお店を続けたいと考えています。
介護は当初考えていたように甘いものではなく、介護保険を最大限活用しながらの民宿業ですが、実際に経験すると国が進めている「在宅介護」はとても困難な状況に入ると実感しています。

 このブログに登場している母が、あの写真のような笑顔に戻ることはないかもしれませんが、私は当面「女将もどき」として引き続き頑張ってみようと思います。

 お世話になりました。
来る年もよろしくお願いします。

 

冬眠修了

2017.03.21

 三月に入って二度の大雪に見舞われましたが、お彼岸になると気温も高くなり、もう雪の心配はないかもしれません。
 少しずつ穴を這い出して、普通の生活を始めても大丈夫のようです。
1月2月はお客さんに来て頂き、完全冬眠をすることなく元気に過ごしていました。 宿泊のお客さんはみなさん「梼原は寒い!」と目をパチクリ?されていました。
 そうです。檮原の冬は尋常でない寒さで、私は固まりそうになって冬を過ごすのです。

 東京では開花宣言が出たそうですね。
梼原はまだ開化には時間がかかりと思いますが、「春」をつかむのは時間の問題です。

 

新しい年

2017.01.09

 あけましておめでとうございます。
昨年は「花の家」をご利用いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。


  今年の年明けは快晴に恵まれました。
空気が冷たくてピリピリ痛いお正月から解放され、おひさまが輝くお正月になり、冬将軍にいじめられていた人達が自由になったような感じです。

このまま温かい日が続く梼原ではありませんので、三月までの長期間、心して冬とお付き合いしなくてはなりません。

北風がピューピュー吹く音を聞きたくなったら、梼原へどうぞ。
(ナンチャッテ)

お礼

2016.12.22

  今年も残すところ10日を切りました。
猿年の新春は雪に見舞われ、震えあがる寒さで新春を迎えたことでした。

 母が9月に介護2と判定され、毎週三日はディサービスに通っています。
花の家名物の母は、最近お店に出る事はほとんどありません。長年当宿に来て頂いたお客様が女将さんは?と聞いていただく事がありますが、お目にかかれず申しわけありません。

 母の民宿を手伝っている私ですが、まだまだ母のように女将さんになるのは時間がかかりそうです。

 ばたばたしながらでも時間は過ぎていきます。

どうか来年もまた花の家にお越しください。

ページ移動